【ザンビア】ナミビアからザンビア移動はIntercapeバス

アフリカ

世界最大級の滝壺の上に乾季のみ現れる幻のプール。そんなキャッチフレーズに心が踊らない旅好きはいないでしょう。落差とその幅で世界三代瀑布にも認定されている「ヴィクトリアフォールズ」では、世界で唯一滝の上で泳ぐことが可能な場所として知られています。プールの名は「デビルズプール」(悪魔のプール)。水量の少ない乾季にしか現れることのないレアでスリリングなプールに入る為、楽しかったナミビアを後にして世界三代瀑布の一つである「ヴィクトリアフォールズ」に向かいました。ということで今回は移動編!

アクセス

今回は、ナミビアでのロードトリップを終えたその足でIntercapeの長距離バスに乗り、滝への玄関口であるザンビア最大の都市Livingstoneまで24時間ほどかけて移動しました。オンラインでチケットを予約して、予定の時間にナミビアのWindhoekからバスに乗り込むだけ。Intercapeバスには本当にお世話になっています。バスチケットは印刷をせずに予約画面を見せるだけでOKなのも助かります。

【Windhoek Intercape Office】

【Livingstone Bus Terminal】

Intercapeバスの詳しい予約の仕方は以前細かく紹介していますので、英語が苦手な方や確実に予約したい方はぜひ参考にしてみてくださいね!

価格:600ランド(約5000円)
所要時間:約24時間
タイムテーブル:月、水、金の13時出発
(最新情報は公式ページにてチェックしてください。)

 

ビザについて

ビクトリアフォールズを訪れる際に気をつけて欲しいのはビザの種類。ビクトリアフォールズはザンビアとジンバブエの二つの国にまたがっている為、それぞれの国で見れる景色、体験できるアクティビティが異なります。

ザンビア側:乾季のみ滝上のデビルズプールを訪れるツアーがある
ジンバブエ側:ほとんどの滝がジンバブエ側にあるので滝鑑賞を堪能できる

せっかく遥々アフリカ大陸に上陸しているのなら是非両国とも訪れたいところ。国境沿いにある橋(ヴィクトリアフォールズブリッジ)を介して徒歩でも両国を行き来できるので、その為に上の写真下、イエローカラーのKAZA VIZA(UNI VISA)と呼ばれるビザの取得を忘れないようにしましょう。このKAZA VISAがあれば30日間であれば両国の行き来が可能です。

ジンバブエのみのVISAもシングルVISAが50ドルなのでKASA VISAをとっておかない理由はないですね。ジンバブエだけでいいのなら30ドルで行けるのでKASA VISAを取る必要はないです。

歩き方のサイトにて、取得できる場所、価格等細かく紹介されているのでこちら要チェックです。ちなみに、私は陸路で全ザンビア入りする際に「KASA VISAください」と言って販売してもらいました。自主的に言わないと出てこない可能性があるので、必ず聞くようにしてください。

支払いは必ず米ドルで50ドルなので、必ず予め米ドルを用意していくことをお勧めします。アフリカはその他のエリアでも米ドルを要求される場面もあったので、ある程度の金額は米ドルで持っている方が安心です。

まとめ

陸路で何回も国境を越え、深夜も早朝も関係なく国境越えでは叩き起こされて、検問のために並んだりとなかなか睡眠不足でハードな旅路でしたがそれもいい思い出。ナミビアからの友人とともに向かったので心強くてよかったです!いくのを躊躇っている方も是非、旅程に組み込んでみてください。コロナが早く落ち着いて、また世界中に旅行ができる日を楽しみにしています。

最後まで読んでいただきありがとうございます!今後も旅にまつわる情報をどんどんUPする予定なので是非シェア(@_wanderlustclub)などしてやって下さい。旅の相談、海外生活、何かあればお気軽にどうぞ!

コメント