【新北】臭豆腐パラダイスの〔深抗〕で食べ尽くす台湾ディープグルメ

台湾その他都市

台湾に来たことがある方ならおそらく誰もが耳にしたことがある、もしくは嗅いだことがあるあの独特な食べ物〔臭豆腐〕。皆さんはチャレンジしたことがありますか?私は台湾に初めて来た時から、臭豆腐の虜で、各地で色々なタイプの臭豆腐を探し求めては食べていますが、日本の友達はどうやら苦手な人がほとんどの模様…。

台北から日帰りで行ける距離に、臭豆腐の街と呼ばれている〔深抗〕なるエリアがあるということで、今回は臭豆腐大好きな日本人と台湾人の二人で食べ歩きをしてきましたのでその様子をお伝えします!

臭豆腐攻略MAP

一言に臭豆腐といってもその種類は実に多種多様。香りの強さも調理方法によって難易度が全く異なるので、苦手な人はまず初級から徐々にレベルを上げてトライすることをお勧めします!臭豆腐愛好会の会長に慣れると自負するほどの根っからの臭豆腐マニアの私は、少しでも多くの人にこの魅惑の美味しさが伝わればいいなと日々布教しています!それでは、行ってみましょう!

揚げ臭豆腐(炸臭豆腐)

レベル ★☆☆☆☆(入門級)

街角でなかなかの異臭を放っていますが、実は食べると香りはそこまででもないんです。匂いを嗅いだだけで喰わず嫌いしている方、是非怯まずトライしてみてください!座布団のような厚切りの真ん中に穴を開けて、ニンニク醤油を垂らしてキャベツのピクルスと一緒に食せば絶品です!

焼き豆腐(烤臭豆腐)

レベル ★★☆☆☆(初級)

焼き豆腐、かっこよく言えばグリルド豆腐ですが、臭豆腐のあの特徴的な香りが食べた後もそれほど強く口には残りません。(あくまで個人的な感想ですが。)揚げに比べると、臭豆腐感がダイレクトに伝わるのでこちらは初級編。

蒸し臭豆腐(清蒸臭豆腐)

レベル ★★★★☆(中級)

THE臭豆腐でございます!もう皆様が思い描いている臭豆腐の代表と言えるいい香りが漂う蒸し臭豆腐。こちらはニンニクが入っているタイプなので、香りがややマイルドになっていたような。初めての方はこちらはひとまずやめておいた方がいいかも?

辛い臭豆腐(麻辣臭豆腐)

レベル ★★★★★(上級)

辛い、臭い、熱い、が全て揃った臭豆腐料理の頂点に立つ麻辣臭豆腐は、一度ハマると病みつきになってしまうほどいい意味で癖のある料理です。私は大好物で、時々無性に食べたくなるのですが、臭いと言えば確かに臭いです。でもそれを超える旨味があるのでやめられません。

 

〔深抗〕へのアクセス

今回私は友人の運転で行ってきましたが、旅行で来られる方はバスで行かれることをお勧めします。バスも何種類もあるのですが、個人的にいいなと思うものを紹介します。

アクセス①市政府発

MRT市政府站バス停発912番バス
(MRT市政府站3番出口付近
↓(時間:約20分)

   深抗老街 下車

木柵などから行く方法もあるようですが、おそらく旅行に来られた方のほとんどが市の中心地に宿泊されると思うので、木柵まで行くのはなかなか面倒かなと思います。市政府駅なら市の中心なのでアクセスしやすいと思います。

アクセス②古亭発

MRT古亭站付近、〔古亭展覽館〕前にある
バス停発949番バス
時間:約40分)
    深抗老街 下車

西門町にステイされている方などはこちらの方法がより便利にアクセス可能です。西門町から緑色のラインに乗って古亭站までは乗り換え等無くスムーズです。

 

深抗名物グルメ4選

それでは早速深抗に行ったらマストで食べていただきたいちょっと香りが刺激的だけどとっても美味しくて病みつきになるおすすめグルメを紹介していきます!臭豆腐以外にも人気のグルメがあるのでそちらも必見です。

芭樂嬌烤雞屁股

老街入ってすぐのところからものすごくいいに多いがしてくるのですぐわかります。巨大ぼんじりオンリーの串焼きのお店です。ものすごく並びますが、その価値はあります。中国語でぼんじりのことを「七里香」と言いますが、これは「7里(約27km!)先まで香りが届くほどいい香り」というところからつけられた名前なんだとか。

 

みなさん10本単位で大人買いしていきます。でもこのぼんじり、一つ一つが本当に巨大なので食べ歩きの場合は一人1本とか、二人で1本とかにしたほうがいいかもしれません。私は一人でぺろっと1本いきましたけども!

 

 

廟口石板臭豆腐

先ほどのぼんじりのお店〔芭樂嬌烤雞屁股〕の左隣にあるのがこちらの〔廟口石板臭豆腐〕です。こちらは台北市内ではあまり見かけることのないレアな「焼き臭豆腐」が味わえます。

 

1BOXは45元で、付け合わせを2種類選ぶことができます。種類は、きゅうりキムチ酸菜水キムチです!このつけだれがなんとも臭豆腐とマッチしていて本当なら3箱くらい食べたかったくらいです。

 

今回は水キムチとキュウリのお漬物をチョイス!自分の好きなようにカスタマイズできるのも面白いですよね。ほんのり香るガーリックが俄然食欲をそそります。

 

王水成老店

深抗にきたらひとまずここ〔王水成老店〕の臭豆腐は攻略しておきたいところ。入口にはテイクアウト用の麻辣臭豆腐が所狭しと陳列されていることからもいかに台湾人が臭豆腐を愛しているかが伺えますね。

 

こちらでは、先ほど紹介したニンニクと一緒に蒸し焼きにした蒸し臭豆腐(蒜香臭豆腐)

 

からさと臭みが病みつきになる美味さの麻辣臭豆腐

 

そしてあふれんばかりの麻辣鴨血(鴨血のゼリーのようなもの)を注文しました。これはとんでもなく精力がつく料理で、一人で食べたらもうなんか逆に気分悪くなるような量です。台湾人の友達ですら完食できなかった鴨血のオンパレード。

 

唐山伯古味

台湾には〔酸梅湯〕という甘酸っぱくて甘しょっぱいすっきりとしたフレーバーの梅ジュースがあります。夜市などでもよく見かけるポピュラーな国民的ドリンクです。こちら〔唐山伯古味〕のものは少し特別で、その中に〔桂花〕、つまりキンモクセイシロップが加えられています。爽やかな中にも、キンモクセイの妖艶な香りがします!

まとめ

臭豆腐の天国「深抗」いかかでしたか?臭い香りに苦手意識を持っている方が多いのかもしれませんが、食べ続ければいつかクセになる日が来ると私は信じています(偏見w)。台北市内から一時間以内で行けるので、市内観光をし尽くした方など、是非足を伸ばしてみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございます!今後も旅にまつわる情報をどんどんUPする予定なので是非シェア(@_wanderlustclub)などしてやって下さい。旅の相談、海外生活、何かあればお気軽にどうぞ!

 

 

コメント