【高雄】創業41年の老舗純喫茶〔小堤〕で歴史に浸る渋い昼下がり

高雄


温故知新という言葉がありますが
自分がいない時代を切り抜けてきた
人も物も文化も、私はとても憧れがあって
ときめきを感じます!


今回は高雄の裏路地で
ひっそりとでも確かに根を下ろして
その地に歴史を刻み続けている
レトロな喫茶店をご紹介。

 

創業41年の老舗喫茶店〔小堤〕


台湾の喫茶店が好きです。
日本の純喫茶も好きです。
カフェではなくて〔喫茶店〕。
反転した文字列といい、レタリックといい
タイポグラフィ好きにはたまらない渋さ。

 

小堤〕は大通りからは見えない
隠れ家の様なところにひっそりとありました。
こちらは高雄で一番歴史の古い喫茶店です。

 

 

こちらを進むと右手に見えてきます。

 

 

入り口にいるおじちゃん達にやっとるよ店!と
教えてもらいつつ中へ。

 

 

メニューはシンプルに珈琲


お店に入るとすぐにカウンターの後ろにいる
ママさんに「ホット??!アイス?!」と聞かれて
びっくりなんですけど、
びっくりしているうちにもうコーヒーが
運ばれて来るのでもっとびっくり。
どうやらメニューはない模様。


いや、
あるかもしれないけど出てきませんでした今回は。

 

11時までに行けばモーニングセット
注文できるとの事。
また次回チャレンジしてみたいです!

 

 

最初はブラックコーヒーがなみなみ入っていて
お子様なのでミルク入れてもらいましたが、
やはり最初はブラックの香りをちゃんと
楽しんでほしいとのことで、少しそのままチャレンジ。

 

店内は今時は珍しい「無音
裏路地にあって生活音も少なく、
ただただコーヒーを淹れる
サイフォンの音と、クーラーの音が
空気中を漂っているけど
それ以外は何も聞こえない空間
時間の経過が良く分からなくなる様な
なんとなく不思議な空気感です。
でも居心地はいいのです。

 

日本では喫茶店、もしくは
純喫茶なんて呼ばれる分類ですが
中国語だと〔人情珈琲〕と呼ばれたりします!
味のある珈琲屋さんという感じです。

 

 


ちなみに店内は禁煙です。
タバコを吸う場所は外にあって
おじちゃん達はそこでおしゃべりを
楽しんでいる様でした。

 

 

受け継がれる日本の喫茶店文化

元々は高雄に移り住んできた日本の方が
このお店をオープンさせたそう。
今は台湾の可愛いママさんが切り盛りしています。


今時カフェといったら見た目重視のスイーツや
思考を凝らしたドリンクなど選択肢に
溢れています。
それらはしばらくの間、世を虜にして
そして時代と共に流れていくでしょう。

 

 


でも小堤はきっと5年後も、10年後も
何も変わらず人々を惹きつける何かを
持ち続けるお店だと思います。
コーヒーだけを一筋でやってきている
そのアティチュードがもはや現代では
なかなか貴重な存在なんじゃないかなと
ポコポコ音を立てるサイフォンの横で
妙にしんみりとなった土曜の昼下がりでした。

 

時代に淘汰されない様に
これからも怪我と風邪には
気をつけてやっていくよと
気さくにママさんは笑うけど
古き良きものはずっと残っていてほしいなと
思うので、是非足を運んでみてくださいね。
穏やかな午後をお楽しみください。

 

 

店舗情報

店名:小堤
住所:高雄市高雄市鹽埕區鹽埕街40巷10號
営業時間:月〜土曜 8:30〜20:30
※現金のみ 価格HOT1杯 / 100元
最後まで読んでいただきありがとうございます!今後も旅にまつわる情報をどんどんUPする予定なので是非シェア(@_wanderlustclub)などしてやって下さい。旅の相談、海外生活、何かあればお気軽にどうぞ!

コメント