【新北】緑の絨毯が美しい老梅綠石槽:金山老街へ寄り道【2019】

台湾その他都市


前回、春季限定で見られる美しい緑の絨毯
老梅綠石槽〕へのアクセス方法と
注意点をご紹介しました。


実はこの〔老梅綠石槽〕に行く際、
ついでに立ち寄れるスポット〔金山老街〕が
なかなか面白かったのでそちらも
ぜひ立ち寄って欲しいなと思います。

金山老街へのアクセス


前回の記事に詳しいアクセス方法を書きましたが
まずは台北駅の國光客運のバス停にて
1815〕番バスに乗り込みます。


悠遊卡でも現金でも支払い可能です。
現金ならば乗車時に、
悠遊卡であれば乗車時、下車時に
カードをタッチして支払います。


ちなみにバス停の位置は、
台北轉運站の方ではなくて、
鉄道の駅の方です。

カウンターで事前にチケットを
購入して乗り込むのではなく、
バスターミナルに停車している
バスにそのまま乗り込めば大丈夫です。
a
a
台北駅から約1時間半で〔金山區公所站〕に
到着するのでそこで下車。


バスを降りて5分ほど歩いたところに
金山老街〕に到着です!

ローカルでも大人気〔金山王肉包店〕

バス停で降りたら斜め向かい側にすぐ
このエリアでとても有名な〔金山王肉包
が見えてくるのでまずはそちらで
熱々肉まんをゲットしましょう!




人がたくさん並んでいるので
すぐにわかると思います。


肉まんの種類は以下の5つ

鮮葱肉包(オリジナル肉まん
魯肉包(煮込み肉の肉まん
酸菜包(台湾風高菜まん
高麗菜包(キャベツの肉まん
紅豆包(小倉まん)    各15元







奥の看板に〔〕と書かれていますが
これは非ベジタリアンという意味で
お肉が入ってますよーと伝える単語です。
台湾ではお坊さんなどはお肉を食べられないので
こうして記載がされていることが多いです。


逆に〔〕はベジタリアンの意味です。
ここでと小倉まんや高菜まんなどは
お肉が入っていないベジタリアンまんです。


せっかくなので5種類全て注文しました。
出来立てホッカホカの肉まんたち、
肉まんのフォルムってなんでこうも
魅力的なんでしょうか…





なるほどなるほど、これは確かに
人が並んででも買うだけあります!
肉入りのものはどれも肉質がしっかりしてて
肉汁があふれ出てくる様なジューシーな
タイプの肉まん


キャベツはほぼお野菜なんですが
コチラもごま油?が香る感じで
一つ一つが異なる味付けなので
5つ食べても飽きがこない美味しさでした!
では食べ歩きしつつ、〔金山老街〕を
ぶらぶらしてみましょう!

〔金山老街〕で食べ歩き続行



突き当たりに大きなお寺がある昔ながらの
伝統的な朝市を少し越えると、食べ歩き用の
美味しそうなおやつがたくさん売られている
通りに出ます。台北市内の市場とは
売られているものが違うので興味深いです!

珍しい果物や野菜を見よう!


私は台湾に住んでから積極的に
見た事のない、食べたこともない様な
食材を購入して調理する様にしています。
面白いですよね、味覚の開拓です。
コチラの市場では台北市内ではあまり
見かけない珍しい野菜や果物が見られます。







くるくるした山菜の様なこの野菜は
過貓〕というシダ類の山菜です。
卵を乗っけて〔月見過貓〕という料理を
レストランでたまに見かけます!
美味です!


袋に入った長い茎は
タロイモの茎の部分なんだとか。
これは食べたことがない食材です。
気になります!




私は悩んだ挙句この不思議な
長芋を100元分購入。
おばあちゃんが可愛くて危うく
もう100元買おうとしたところ
重いからやめてと相方に止められましたね。
残念。




余談ですが、この長芋、でした。
ま紫、しかも味が濃ゆい。
良い買い物ができました!

金山はサツマイモの名産地

台湾のスーパーで売っているサツマイモって
スイートポテトとかは作れない水分の多い
若干べちゃっとした品種が主流なんですが
なんとここ金山はこんなにたくさんのサツマイモが!





どうやら金山は台湾でも屈指の
サツマイモの生産地の様で
老街の至る所でサツマイモが売られていました!






甘い匂いに誘われて大学芋の様なお菓子を
買って食べているとお店のお姉さんが
そのサツマイモはこの〔紅皮黃肉〕だよ!と
教えてくれました!なるほど、どうりで
ホクホクしていて美味しいわけだ。
台湾で美味しいサツマイモを食べられるのは
レアなので嬉しくなります。

台湾らしいフレーバーが豊富〔金山雪豹冰城〕



このアンニュイな表情のヒョウの
マスコットにつられて足を止めたのですが
コチラのアイスクリームは台湾っぽい
珍しいフレーバーがいくつかあったので
チャレンジしてみたら面白いかなと。






桂圓(リュウガン)
土豆(ピーナッツ)
仙人掌(サボテン)
芋頭(タロイモ)
百香果(パッションフルーツ)
などなど変わったフレーバーを
試してみては?




お土産:阿里山産の生ワサビ

まさかの金山で阿里山のピリッと辛い
最高に美味しいワサビを手に入れました!
色も白くて着色されておらず、
台湾のスーパーで売られている
真緑で粉っぽくてしかも辛くない
ワサビとは違う本物のやつです!


日本から観光に来られる方には
あんまり響かないかもしれませんが、
台湾在住の日本の方は是非お土産に。


まとめ

老梅綠石槽に行くベストなタイミングは
干潮から2時間後です。
干潮は日によって時間が異なりますが
だいたいお昼過ぎなので、この
金山區公所〕で降りて〔金山老街〕を
ぶらついてからまたバス停に戻って
863〕もしくは〔862〕のバスに乗って
老梅〕に向かうのがちょうどいい感じかなと。


小さい市場ですが、台北とは
趣が異なるのでとても楽しめました!
紹介しなかった中にも面白そうな
お店がいくつかあったので是非一度
足を運んでみてください。

a
最後まで読んでいただきありがとうございます!今後も旅にまつわる情報をどんどんUPする予定なので是非シェア(@_wanderlustclub)などしてやって下さい。旅の相談、海外生活、何かあればお気軽にどうぞ!
a

 

コメント