【台北】台湾ストリートカルチャー好きが集う珈琲スタンド〔權泉咖啡〕

台北

台北で近年どんどん新しいカフェや小洒落たセレクトショップ、レストランなどがこぞって店舗をオープンさせているエリア、それが中山駅5番出口でてすぐ裏側の〔赤峰街〕というローカルなエリアです。もともとはバイクや電化製品の修理工工場が立ち並ぶディープな町工場エリア。今でもその景観は姿を保ちつつ、そこに自然に溶け込むおしゃれなスポットが不思議な魅力を醸し出しているエリアです。

今回はそんなホットスポット赤峰街の中でも、一際存在感を放っている台北のカルチャー好き男女が集まるカフェを紹介したいと思います。

 

權泉咖啡〔KWON SAEM COFFEE〕

モスグリーンのタイルが目を引く外観が特徴のコチラが台北のカルチャーの発信地にもなっているスタンディングカフェの權泉咖啡〔KWON SAEM COFFEE〕。外から眺めているだけでも、クリエイターが好きそうなカルチャーの香りが漂ってくる雰囲気です。

 

メニューはシンプル、コーヒー&ラテオンリー。オーナーが厳選したコーヒー豆を丁寧にドリップしてくれるので店内は香ばしい香り。今までは苦いコーヒーが苦手で飲めませんでしたが、ここのラテはノーシュガーでもとても美味しく感じました。香ばしいナッツのようなラテ。

 

店内はこじんまりとしているので、スタンディングのカウンターのみあります。ですが不思議と何時間も居られるのがこのお店の魅力です。お兄さんが気さくだし、クリエーター友達がちらほら来てアイディアを話し合ったり、とてもいい空気が流れる時間を共有できます。チルです、まさにチルアウトしようぜという時にはピッタリな場所。

 

前回のPOPEYE台湾特集号でバッチリ取り上げられていました。今後もっと沢山の日本の方が来て、ローカルなカルチャーシーンを気に入ってもらえたらいいなと思います。

 

カフェ&クリエイティブな空間を提供

単なるコーヒーを提供するカフェという空間ではなく、若いクリエーターや他国のクリエーターの作品を紹介したり、交流できるような空間にしていきたいと語るオーナーの。その言葉通り、店内奥の棚にはクリエーター達渾身の自作グッズの数々が展示販売されています。

 

壁にかかったイラストは、韓国人イラストレーターKimm Sujinさんの作品。今台湾のクリエーターの間でとても人気があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

New keychain available at @supply_seoul

Kimmsujinさん(@kimmsujin)がシェアした投稿 –

私のスマホカバーにもちゃっかりステッカーが入っています。台北では荒花書店等で購入できます。この辺りの独立書店情報はまた次回詳しくお話しするとして。

 

オーナー自らデザインした中華っぽいデザインがキッシュなTシャツも要チェックです。中国語が入っているデザインはココ最近日本のブランドも取り入れているところが多いですよね。ここならストリートっぽい要素がありつつ、漢字もさりげなく入っているおしゃれなものがきっと見つかるはずです。

 

カレーライス×カルチャーというパワーワードがきになる台北にある佐藤カレーさんのオリジナルグッズも販売されています。ナイスパッケージングですね。

 

クリエイティブ発信地のPOP UPブース

店内の左手奥には様々なPOP UPが不定期で開催される展示ブースがあります。台湾で人気のクリエーターによるZINEや、雑貨、ステッカーなどが販売されています。どれもドープでストリート感が溢れていて他のお店では手に入らないセンスの良いものばかり。

 

販売されているグッズは台湾のクリエーターから海外のクリエーターまでと幅広く、行くたびに新しい発見があるので足繁く通ってしまうんです。ミニPOP UPや、販売されている商品は期間ごとに異なるので、予め公式Instagramでチェックしていきましょう!

 

私、マメィイ(m.a.m.e.y)のグッズ入荷!

そして、実は僭越ながら数日前からこちらのブースで私、マメィイ(m.a.m.e.y)がデザインしたグッズを販売していただいています!先日バタバタと棚の設営に行ってまいりました。台湾に四年住んでいるうちに感じた台湾のディープな部分を作品にしています。語学が好きなので、普段みなさんがあまりなじみのない台湾語アラビア語タイ語などもよくモチーフにしています。

 

 

今は主にステッカーやポストカードなどですが、11月の中旬には權泉珈琲とのコラボ商品をいくつか販売予定です。そちらも乞うご期待!台湾に来られる予定のない方は、11月、12月に東京でのPOP UPも予定しているので機会があればチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

赤峰街は台北の中でも私は大好きなエリアの一つです。日に日に新しいカルチャースポットがどんどんと増えていて、でも元々そこで生活しているローカルの町工場の人たちとも交流をして仲良く暮らしている印象を受けます。こちらのオーナーもとても気さくでノリの良い方なので、ぜひお話いてみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます!今後も旅にまつわる情報をどんどんUPする予定なので是非シェア(@_wanderlustclub)などしてやって下さい。旅の相談、海外生活、何かあればお気軽にどうぞ!

 

 

 

コメント