【Intercape予約方法徹底解説】ケープタウン→ウィントフック

ナミビア

 

アフリカは多くの国が陸続きのため、バスでの移動もポピュラーです。ただ、大陸が巨大なので移動には体力が必要です!

a
アフリカ周遊となると一般的には北から入って
南へ抜けるルートが多いようなのですが、
そんなことは梅雨も知らず南から北へ
逆行するというルートを強行しました!

今回は、そんなレアなルート取り、
南アケープタウンからナミビアのウィントフックへの
行き方について紹介します!

長距離移動の味方Intercape

アフリカの旅において、欠かせない長距離移動の手段が
Intercape社の運営するこちらの長距離バスです!

a
こちらは今回のアフリカ周遊で
何度も利用させていただきました
安心と信頼の長距離バス「Intercape」です!

ほぼアフリカ全土にネットワークがあり、
一部地域を除いては格安で国をまたいだ移動を
可能にしてくれるミラクルな移動手段です!

バス自体も快適で時間も正確、
海外旅行者も多く利用するので
安心して利用できる旅の味方です!

車内トイレ⭕️
トイレ休憩⭕️
クーラー⭕️  ※寒くなるので上着は必須
Wifi❌ ※付きのバスでもほぼ使えません


ああ

Intercapeバスの路線図

こちらがそれぞれの主要都市をつなぐ
Intercapeバスの路線図です!

ボツワナモザンビークは残念ながらあまり
ターミナルがありませんが、それ以外の地域は
割とターミナルも充実していて便利です!

今回私は、ケープタウンのドミで仲良くなった
シンガポール人のジョンとともに
ケープタウン初→ウィントフック着
バスを利用しました!

予約方法

 

オンライン予約の手順

予約はすべて英語ですが、Intercape社の
公式HP上で行うことができます!

2019年4月現在、
ケープタウン発→ウィントフック着は
週に火、木、金、日曜4回のみの様です。

 

まずこのBook Your Seat Nowで
From:Cape Town
To:Windhoek
を選択して日にちを選びます。
するとこの様な画面になります!

 


時間はすべて同じで、
Cape townを10:00出発の
Windhoekに次の日の8:35到着。

つまり、移動はほぼ24時間
そして深夜だろうが早朝だろうが
国境ゲートに着けばパスポートコントロールで
叩き起こされるというわけでございます!


選択肢は3つ
その違いは以下の通りです。


Full Flexi:
出発の12時間前のキャンセル →返金可能(手数料:料金の10%)
出発の15分前までの予約変更 →新しい料金との差額+料金の10%の手数料
指定席:あり(規定の区間のみ)

Flexi:
出発の24時間前のキャンセル →返金可能(手数料:料金の15%)
出発の15分前までの予約変更 →新しい料金との差額+料金の15%の手数料
指定席:あり(規定の区間のみ)

Saver
出発の48時間前のキャンセル →返金可能(手数料:料金の25%)
出発の15分前までの予約変更 →新しい料金との差額+料金の25%の手数料
指定席:なし
つまり、
予定がまだ不確定で、予約後に
日程の変更をする可能性が高い人
Full Flexi、もしくはFlexi

予定が完全に決まっていて
変更する必要がない人Saver
ということです。

SaverFlexiFull Flexiの順に
価格が上がるので、
変更する必要のない人はSaver
選べば間違いないです。

私は全行程、Saverを選びました!

予約確定

先ほどの画面でSaverを選択すると
この様な画面が現れます。
ここはBUY(購入)でOKです!

ケープタウンからウィントフックへ行く場合は
大丈夫なのですが、帰りに南アへバスで入る場合
注意してもらいたいのは、上の注意書きです!

非南アフリカ国民が南アフリカに入国する際、黄熱病の予防接種を受けた証明(イエローカード)の提示が求められる場合があります。又、パスポートコントロールで現金3000ランドの所持を確認される場合があります。
こちらも念の為、
頭にとどめておくといいと思います!

 

支払い方法


支払い方法は上の3つがあるのですが、
日本人の私たちだと真ん中の選択肢、
Credit card with 3D Secure(3D認証)
を選択するのがいいです。
ああ

カード会社によっては
事前に設定等が必要なので
旅に出る前にあらかじめ設定する様にしましょう。

選択後、自動的にこの様な画面が
表示されるので、そこのパスワードを入れれば
決済完了となります!


その他利用上の注意



利用上の注意は以下の通り、
⬜️にチェックを入れて同意します。

  • 個人情報は正確に入力してください
  • 国内線は出発の30分前に係員に到着を知らせてください。
    国際線の場合は、60分前に到着を知らせてください。
  • 国内線の荷物制限は20kg(無料)、国際線は30kgまでです。
  • 先ほどのSaver、Flexi、Full Flexiの説明参照


時間が日本の交通並みに正確
実際に搭乗時間の30分前には
チェックインを始め、早めに
車内に入り始めたので、
時間には余裕を持って早めにいくのを
お勧めします!


個人情報の入力


こちらは、
Name
Contact number
Passport number
E-mail
のみ正確に入力すればOKです!

決済確定後、入力したE-mailに
予約確認のメールが届くので
E-mailは間違えない様にしましょう。


E-mailでチケットを確認

メールで上の様なE-ticketが送られていれ予約は無事完了です!
お疲れ様でしたーー!!


このチケットを搭乗時に確認されるので
PDFを携帯のアプリに保存して
オフラインでもすぐに見せられる様
準備しておけば準備バッチリです!


Intercapeバスターミナル

ケープタウンのバスターミナル

 

バスターミナルの場所ですが、
Intercape Officeの方ではありません!
バスターミナルは、
ケープタウンのフォアショアにあります!



大きなバスロータリーの中に
複数のバス会社が並んでいるので
探すのに少し時間がかかりました。

時間に余裕を持っていくと安心ですね!
ちなみに友達のジョンは、
私が係りの人を引き留めてなければ
バス乗り損ねるところでした!

ウィントフックのバスターミナル

 

こちらは大きなヤシの木が沢山生えている
ロータリーの前にあるので見つけやすいです。
Intercapeだけの小さなオフィスなので
迷わずたどり着けると思います!


 

まとめ

s

いかがでしたか?オンラインで簡単に予約ができるので旅人にはありがたいですよね!


アフリカに行かれる際にはぜひ、
快適で安心なIntercapeバスを活用して
楽しい旅にしてください!

最後まで読んでいただきありがとうございます!今後も旅にまつわる情報をどんどんUPする予定なので是非シェア(@_wanderlustclub)などしてやって下さい。旅の相談、海外生活、何かあればお気軽にどうぞ!

コメント